みなさまこんにちは〜。特派員です。
本日2回目の更新です(;´∀`)

前記事で
etc_cam450
のご紹介をしましたが
そもそものところの「ETC」や「車載器」について
気になるところをさらっと触れてみましょう。



■ETCカードについて
ETCカードがないと使えないのはご存知かと思います。

利用していらっしゃるほとんどの方が
クレジットカードに付帯しているETCカードをお使いかと思いますが
中には
クレカどーしても作りたくないけどETCカード欲しい
と思ってる方もいらっしゃるかもしれません。

特派員、調べました。
ありました。

ETCパーソナルカード がそれです。
高速道路株式会社が発行する保証金方式のETCカードです。
審査無しでも発行されるので簡単で早いのですが
・デポジット(保証金)が必要:利用実績に応じて、20,000円〜
・年会費あり:1,234円(税込)
とのこと。
ETCパーソナルカードの詳細はこちら


■ETCについてのおさらい
高速道路の料金所をノンストップで通行できるだけではなく、各種の割引サービスが受けられます。
お手持ちのETCカードを専用車載器にセットすると利用できます。
利用するには車載器の取付はもちろんですが、セットアップ(車輌情報登録)も必要になります。
車載器の取付は角度や位置によって料金所のバーが開かないなどのトラブルが起きる可能性がありますのでプロの作業が必要です。

TOWNSは取付からセットアップまで行う二輪車ETCセットアップ登録店ですので
安心してお任せくださいね。


■車載器には以下の種類があります
バイク用ETC車載器
 アンテナ一体型:27,000円〜
 アンテナ別体型:18,144円〜
バイク用ETC2.0車載器
 アンテナ別体型:25,380円〜

どのタイプを取り付けたらよいかのご相談もお気軽にどうぞ♪


■バイク用ETC2.0車載器って?
これまでの車載器の機能(高速道路利用料金)だけではなく、
経路情報を活用した高速道路料金割引に対応して
渋滞回避や安全運転支援など有益な情報が取得できます。
高速道路上の緊急情報や注意警戒情報がインジケーターの点滅でわかります。


■車種別のHonda二輪ETC車載器キットもあります(取付工賃は別途)
専用アクセサリーが良いという方にはHondaの車種別車載器キットもご用意できます。
車載器本体と車種に合わせた取付器具がセットになっています。
Honda二輪ETC車載器キット<車種別専用>
 ETCアンテナ一体型:27,000円〜
 ETCアンテナ別体型:34,560円〜
 ETC2.0アンテナ別体型:45,792円〜
取付可能な車種についてはお問合せくださいね。


■費用はどれぐらい掛かるの?
車載器本体と車種や取付位置によってお値段が変わります。
取付器具が必要な場合は別途費用が掛かります。(2,160円〜)
車載器本体(+取付器具)+取付工賃+セットアップ料金の合計が費用となります。


■TOWNSでの取付工賃とセットアップ料金
取付工賃
 アンテナ一体型:8,640円〜
 アンテナ別体型:12,960円〜
セットアップ料金:3,240円


以上、さらーっとご紹介させていただきました。
キャンペーンも始まりますし、ご検討の参考にしていただけたら幸いです(^^)


etc_towns450